企業情報

山新育英財団

山新育英財団について

 公益財団法人山新育英財団は、株式会社山新の礎を築いた山口健治(前会長)の財団設立の遺志を引き継いだ、山口暢子(現社長)個人の寄付によって、2016年4月18日に一般財団法人として設立されました。
 母体となる株式会社山新は、企業理念である「良質な商品とサービスを提供し、快適な生活の実現に貢献すること」「社会から共感と信頼を得られる企業であること」「自主性と創造性が発揮できる企業であること」を通じ、地域の皆様から頂戴した活力と利益の中から地域の発展に貢献して参りました。
 しかしながら、近年、地方経済の疲弊から茨城県民の所得格差も顕著となり、経済的理由から進学を断念する学生が増えつつある状況が見受けられます。
 当財団は、これら経済的に困窮した茨城県内の高校および大学に進学する学生に奨学金給付を行うことにより、社会の健全な発展に寄与することを目的としております。以来、多くの学生に対し夢の実現をサポートしていることから、より公共性の高い事業活動であることが認められ、公益財団法人として認定され現在に至っております。

 

山新育英財団のあゆみ

2016年4月
一般財団法人 山新育英財団 設立
2017年4月
公益財団法人として認定許可
第1回奨学生募集受付
2018年4月
第2回奨学生募集受付
2019年4月
第3回奨学生募集受付
2020年4月
第4回奨学生募集受付
2021年4月
第5回奨学生募集受付

 

山新育英財団の組織

理事長   代表理事  山口暢子(株式会社山新 代表取締役)
理事   常務理事  加藤浩一
理事 春日均
監事 飯島宏之
評議員  山口和子
評議員  黒田克己
評議員  坂場光治

 

応募資格

  1. (1)茨城県内の大学及び高等学校に在籍している学生生徒で、かつ、それぞれ茨城県内の高等学校及び中学校または中等教育学校を卒業した者
  2. (2)学業人物共に優秀でありながら、経済的理由により学資の支弁が困難と認められる者

※高校生・大学生共に新入生に限る。2・3・4年生は対象外
※大学院生は対象外

 

給付金額

  1. (1)高校生  月額20,000円
  2. (2)大学生  月額30,000円

 

奨学生数の実績

2017年度
(1期生)
高校14名
大学15名  計29名
2018年度
(2期生)
高校17名
大学9名  計26名
2019年度
(3期生)
高校20名
大学9名  計29名
2020年度
(4期生)
高校20名
大学10名  計30名
2021年度
(5期生)
高校20名
大学10名  計30名
合計
(累計)
高校91名
大学53名  計144名

 

募集要項

2021年(令和3年)度の募集に関する書類一式は以下にございます。

2021年(公財)山新育英財団募集要項(PDF)

2021年(公財)山新育英財団応募書類一式「高校生」(PDF)

2021年(公財)山新育英財団応募書類一式「大学生」(PDF)

※2021年(令和3年)度の書類提出期限は「令和3年5月7日必着」です。

※令和3年5月8日追記:「令和3年度の募集は終了いたしました。」

 

育英財団事業報告

2019年(令和元年)度の育英財団事業に関する書類は以下にございます。

2019年(令和元年)度(公財)山新育英財団事業報告書(PDF)