今季メジャー第2戦・全米女子オープン【畑岡奈紗プロ】2019⑨

山新がスポンサー契約し応援する茨城県笠間市出身のプロゴルファー
畑岡奈紗(はたおか なさ)選手の近況をお伝えします。

2019年5月30日~6月2日、米女子プロゴルフツアーのメジャー第2戦、
U.S. Woman’s Open(全米女子オープン)が開催されました。
奈紗プロにとっては、前週2位という好成績をあげて乗り込む大きな大会です。

開催地はサウスカロライナ州のチャールストンにある、
カントリークラブオブチャールストン。
設立は古く、スコットランドのようなコースデザインや
アンジュレーションに富んだグリーンが特徴だそうです。

特に11番ホールは、「世界一コピーされたホール」として知られる
ノース・ベリックGC西コースの15番を模したホールで、
非常に難易度が高く、USツアー通算82勝を誇る
サム・スニード選手が「13打」も打ったという記録があるほど。

そんな背景から、モンスターコースとして知られるチャールストンですが、
今大会は6535ヤード・パー71というセッティング。ヘビーですね。

また今回は、日本勢は奈紗プロを含めてなんと13人。史上最多だそうです。
奈紗プロの初日は、なんとパーティ3人が全員日本人!
比嘉真美子選手、成田美寿々選手とのラウンドになります。

普段とはちょっと違う状況かもしれませんが、今季メジャー第2戦、
悲願のメジャー制覇目指して、がんばれ奈紗プロ!

●初日(30日)
1イーグル・3ボギーの72、1オーバーパーで首位に7打差の43位タイ発進!
ボギーが先行する厳しい前半でしたが、9番ロングではセカンドショットを
ピンそば2mにつけてイーグル奪取!さすがです!
後半は全ホールでパーを重ねてのフィニッシュでした。

ショットの調子は悪くないようでしたが、グリーンではねてボギーに
なってしまう不運もありました。
明日からの巻き返しに期待しています!

●2日目(31日)
2バーディー・7ボギーの76、通算6オーバーで予選なりませんでした。
ショットも寄せもなかなかかみ合わない苦しい展開でした。
前半(インスタート)は2バーディー2ボギーでイーブンでしたが、
後半アウトでは、雷雲接近による中断もあって、5ボギーでした。

満を持して臨んだ大会で厳しい結果になってしまいましたが、
きっとこの悔しさを次の試合で活かしてくれると思います。

3週間後には、メジャー第3戦のKPMG女子PGA選手権もあります!
悲願のメジャー制覇にむけて、がんばってほしい!
次戦も期待しています!がんばれ奈紗プロ!

・・・・・
U.S.ウィメンズオープン コンダクテッドバイUSGA
カントリークラブオブチャールストン
チャールストン サウスカロライナ州
6515ヤード par71
・・・・・
奈紗プロのインスタグラムはこちら↓
https://www.instagram.com/nasahataoka/?hl=ja

・・・・・
山新は畑岡奈紗選手を応援しています。
茨城県笠間市出身の畑岡奈紗選手は、2016年日本女子オープンゴルフ選手権にて
史上最年少優勝を果たし、同年日本女子ツアー史上最年少17歳でプロ転向しました。
畑岡選手は「東京オリンピックに出場し、金メダルをとること」を目標にしています。
山新は、世界で活躍する畑岡選手を支援し見守ってまいります。