KEBハナバンク選手権【女子ゴルフ】

山新がスポンサー契約し応援する茨城県笠間市出身の女子プロゴルファー
畑岡奈紗(はたおか なさ)選手の近況をお伝えします。
・・・・・

2018年10月11日~14日、全米女子プロゴルフツアーの28戦目、
LPGA KEBハナバンク選手権が開催されました。
先週のULインターナショナルから引き続き韓国での開催となります。

前の週の試合から、米国女子ツアーは開催国が
中国→台湾→日本→中国と変わるアジアシリーズとなっています。
※最終戦CMEグループ・ツアー選手権は米国フロリダ開催です。

この大会は奈紗プロにとっては初の参戦となります。
日本勢は、前週の国別対抗ULインターナショナル・クラウンを
一緒に戦った上原彩子プロが参戦します。

お隣韓国で初の試合ですが、比較的アメリカンな設計のコースらしく、
フェアウェイも広めだから相性はいいんじゃないかと期待しています。
とはいえ、まずは予選突破を目指して、がんばれ奈紗プロ!!

●初日(11日)
キター!! 8バーディ・1ボギーの65、7アンダーパーで単独首位発信!
前半の4番から3連続バーディとして、後半も5バーディを奪取!スゴイ!
この攻めのゴルフ・爆発力は奈紗プロの魅力のひとつですね。

4番はあと少しでイーグル!というほどにベタピンで楽にバーディ。
後半16番ミドルでは、ラフからの3打目を直接ねじ込むチップインバーディ!
初日で2位に2打差をつけることができました!

●2日目(12日)
3バーディ・4ボギーの73、トータル6アンダーの5位タイとしました。
初日よりも厳しいピンポジションと風の影響もあったようですが、
パターは好調で3パットなし!まだまだ首位に2打差の絶好の位置!

●3日目(13日)
1バーディ・2ボギーの73、トータル5アンダーの10位としました。
首位とは7打差、最終日のNASAチャージを期待しています!

●最終日(14日)
6バーディ・1ボギーで67の猛チャージ!トータル10アンダーの8位タイ!
最終日の奈紗プロの攻める姿勢は何度見ても気持ちいいものです。
もう、予選落ちしないのが当たり前みたいに感じるようになってしまいました。

冷静に考えたら、19歳でこの成績を残してるのはやっぱりスゴイ・・・。
あらためて2018年ここまでの成績を振り返ってみると・・・

米国女子ツアー(USLPGA)参戦2年目、ここまで21試合を終えて、
USLPGAツアーでは今期10位以内のフィニッシュがなんと9回目!
国内LPGAの試合も合わせると11回目!

賞金ランキングは堂々の6位!世界ランキングも14位!
もう名実共に米国女子ツアーのトッププロですね!

米国女子ツアーののこり少なくなってきましたが、
ぜひとも体調に気をつけてプレーしてもらいたいです。
がんばれ!奈紗プロ!

奈紗プロのインスタグラムはこちら↓
https://www.instagram.com/nasahataoka/?hl=ja

・・・・・
2018年 KEBハナバンク選手権
スカイ72ゴルフクラブ 韓国・仁川
6316ヤード・パー72
賞金総額200万USドル・優勝賞金30万USドル
・・・・・
山新は畑岡奈紗選手を応援しています。
茨城県笠間市出身の畑岡奈紗選手は、2016年日本女子オープンゴルフ選手権にて史上最年少優勝を果たし、同年日本女子ツアー史上最年少17歳でプロ転向しました。畑岡選手は「東京オリンピックに出場し、金メダルをとること」を目標にしています。
山新は、世界で活躍する畑岡選手を支援し見守ってまいります。