固まる土? 雑草キラーズ!

雑草キラーズ! 知ってますか?

 

敷きならして水を撒くだけで防草効果!

 

草むしりが大嫌いな私(^^;)

コレは試してみたい(^^)

2

 

 

施工場所は我が家の荒れ放題になっているサイクルポートに決定

 

1

 

写真を載せるのも恥ずかしいくらい荒れ放題です・・・

 

 

とりあえず、生い茂っている雑草たちを除草します!

 

3

 

愛用の立ち鎌を使ってキレイに地面もならしました!

 

 

次に、雑草キラーズを敷きならす為の枠作りをします

 

 

今回は枠にレンガを使用することにしました

 

なので

レンガをキレイに並べるための準備から始めます (^^)b

 

 

まずは、レンガを水平&直線にキレイに並べられるように

水糸を張ります

 

写真1

 

これが水糸です

 

水糸を水平&直線に張って下準備をします

レンガはその水糸に沿って並べるだけで水平&直線に並びます(^^)v

 

 

さて・・・どうやって水糸を水平に張るか・・・

地面は全然平らじゃないので

 

 

サイクルポートが水平かをチェック!

4 5

 

予想通り!

サイクルポートがしっかりと水平が取れていました(^^)b

 

ちなみに、この水平を測る道具は

その名も「水平器」と言います(^^) 職人さんは「レベル」とも呼びます

 

 

気泡の位置で水平なのか? 傾いているのか? を調べます

 

写真では気泡が中心にあるので「水平が取れている」って事になります

 

 

これで、サイクルポートの桟からの距離を測ることで

水糸が水平に張れることが分かりました!

6

では、水糸が地面から8cmになるように張っていきます

 

今回はレンガが動かないように地面に埋めていくので

深さ8cmになるように溝を掘っていきました

 

7

 

レンガの厚みは5cmなのに・・・なぜ、8cm???

 

それは、レンガが地面に沈まないように

レンガの下に3cmの敷き砂利を入れるからなんです

 

8 9

 

砂利を敷いて、しっかりと叩いて固めて

今度は、水糸の高さがレンガの厚み分(5cm)になるようにします

 

 

もう、ここまで来たら

あとは、水糸に沿ってレンガを並べていくだけです(^^)b

10

レンガ自体の水平もチェックしながら作業します(^^)

ここまでは順調♪ 順調♪

 

 

 

が、しかし・・・

最後に中途半端な隙間が出来てしまいました・・・

11

 

 

仕方がないので、レンガをカットします

 

でも、レンガのカットって意外と簡単です♪

 

12

まずは、カットするサイズを測って 線を引きます

 

13

レンガのカットに使用する道具はこの3つ

 

 

・ディスクグラインダー (レンガ用のダイヤモンドカッター刃を使用)

・レンガ用タガネ

・ハンマー

 

 ※レンガの破片や粉じんが飛び散るので「マスク」と「防護メガネ」も必須です

 

 

14

①ディスクグラインダーでレンガに溝を入れていきます(4面)

 

15

②レンガタガネを当ててハンマーでコンッと一撃

 

これで終了です(^^)b

16

 

ピッタリサイズ(^^)v

 

 

枠が完成したので

いよいよ雑草キラーズを敷きならします

 

雑草キラーズを敷く際の厚みの目安は

 

 歩道・・・3cm

 車道・・・5cm   だそうです!

 

今回は車・・・といっても自転車なので

 

歩道用の厚み3cmでOKOK!

17

 

キレイに敷きならしたら

軽く水を撒きます(まずは表面だけ固めるので軽くでOK)

※ポイントはジョウロなどで水圧をかけないで撒くこと

 

表面が固まるのに1時間程度待って

その後に、次はしっかりと水を撒きます

 

なんとか一日で作業を終えました^^

 

1

↑作業前

18

↑作業後

 

自分で言うのもなんですが(^^;)

なかなかの出来かと(^^)

 

しかも、これからは私の嫌いな除草作業もいりません♪

 

これは簡単だしキレイに仕上がるし、イイかも(^^)

 

家族にも好評だったので、また違う所もやってみようと思います(^^)v

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

雑草キラーズ

 

 

 使用量の目安:3cm厚の場合、1平米で3袋使用します

 カラー:3色(小麦、アンティックブラウン、オリーブ)

 

 本体価格:660円    税込(8%):712円      2014年6月現在

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□