お知らせ

2019センバツに石岡一高が出場します!

祝!甲子園初出場!
山新は石岡一高を応援しています!

2019年3月23日に開幕する、第91回春のセンバツ高校野球大会に
私達山新の地元である茨城県石岡市の「石岡第一高等学校」の
21世紀枠での出場が決定しました!
(四国・徳島の富岡西、九州熊本の熊本西、石岡一高の3校が選ばれました)

石岡一高は明治43年に新治郡立農学校として創立された学校です。
明治43年(西暦1910年)ですから、創立109年という長い歴史があります。
出身が農学校ということで、「普通科・造園科・園芸科」がある高校です。

現在の部員数は49名(うち女子マネジャー3名)だそうです。
課外授業や農場実習があるため、野球部員全員が揃いにくいという状況のなか、
異なる授業終了時間に応じたウォーミングアップを行うなどの工夫を重ね、
濃密な練習をこなすことで、昨年秋の県大会ではベスト4という結果を残しました。

学校の特徴を示すデータに大学進学率がありますが、そういう数値ではなく、
「農業を通じた新しい形の文武両道を示す可能性がある」という評価により
茨城県勢として初の21世紀枠での出場を手にしました!
(同枠での関東からの出場は、86回の小山台<東京>以来5年ぶり)

選手のなかで一人挙げるのならば、エース岩本大地投手です。
ストレートは最速147km/hを誇る右腕で、秋の大会では県内の強豪校を下して
準決勝まで勝ち進みました。準決勝では惜しくも破れ関東大会出場を逃しましたが
この試合も完投し、16奪三振という好成績をのこしたピッチャーです。

最近の甲子園といえば、秋田・金足農の躍進が記憶に新しいですが、
同じ農業系学科を持つ石岡一高にも同じような活躍を期待してしまいます。

組み合わせ抽選会は3月15日に行われ、石岡一高の部員達は、
18日にJR石岡駅から甲子園に向けて出発する予定だそうです。

山新は、石岡一高を応援します!そして活躍を祈っています!

茨城県立石岡第一高等学校ホームページはこちら